個人再生いくつかの複数の不利な点

一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に払うお金が上回っ立という事もあります。

しかも、この方法は手つづきが長期間になるため、減額になるまでに結構の時間を費やすことが多い為す。

任意整理と民事再生は、いずれも債務整理をする手段の一つです。

異なる点は、元金の減額があるかないかです。任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息を付けない返済額の取り決めをして、月々の返済をしていくもので、概して借り入れの元金は不変です。
かたや民事再生では返済計画を検討して裁判所に提出を行い、認められたら元金が減額され、残っている金額の返済をおこなうことになります。一般に借金の整理というものは種類があって、個人再生や任意整理のように自宅や車を手放さなくても良いもの、それと自己破産とがあります。中でも個人再生と任意整理では、基本的に債務者に一定の収入があることが条件となっています。 なぜ収入が必要なのかと言うと、個人再生や任意整理は借金の減額を目的としているため借金自体がなくなる所以ではないのです。

返済を滞りなくおこなうために、本人に収入があることがもとめられるのです。

もし、弁護士に債務整理を依頼するのならば、委任状が必要になります。

委任状とは、その名の通り、弁護士と債務者が委任契約を結んだ証として必須の書類です。実際に委任契約を結んだ場合、依頼をうけた弁護士が各債権者に対して受任通知を送るので、法に則って、取りたて行為を止めることが出来るでしょう。

委任契約が結ばれると、弁護士は、法に則って、依頼者の代理人として、債権者との交渉や裁判の手つづきをすべて行ってくれるでしょう。 借金 払えない 場合